骨格ストレートに似合うアイテム

骨格ストレート

こちらの記事では、

  • 骨格ストレートさんに似合うもの
  • 避けた方がいい服素材・柄
  • 着やせするためのポイント

などをまとめています。

骨格ストレートに似合うテイスト

立体的でメリハリのある体型なので、
シンプルできれいめな服が似合います。

肌にハリがあるので、上質で高級感のある
素材
や、表面に凹凸が少なくサラッとした
ハリのある素材
がよく似合います。

「シンプル」「きれいめ」「上品」
「大人っぽい」「フォーマル」

といった印象のコーデは基本的に
似合いやすいです。

ただし、顔タイプ診断の結果と似合うもの
が異なる場合は、顔タイプ診断の結果
合わせた方が似合うこともあります。

似合う服の形

骨格ストレートさんに似合う(着やせして
見える)服
は以下のアイテムです。

  • テーラードジャケット
  • ライダースジャケット
  • 綿100%のYシャツ
  • きれいめのデニムシャツ
    (ノンウォッシュ)
  • Iラインのワンピース
  • ロングジレ(袖の無いもの)
  • ハイゲージニット
    (編み目の細かいニット)
  • 鎖骨が見えるくらい
    胸元が大きめに空いたトップス
    (ネックの形は何でもOK)
  • ノースリーブ
    (ちょうど肩の位置で切れるもの)
  • セットインスリーブのトップス
    (ちょうど肩の位置に袖がついている服)
  • 5分袖トップス
  • 5分袖のパフスリーブ
    (袖の膨らみが少なくストンと落ちるもの)
  • 長袖トップス
  • 肩ひもが細いキャミソール
  • ストレートパンツ
  • ストレートデニム
  • センタープレスパンツ
  • テーパードパンツ
  • ブーツカットパンツ
  • ワイドパンツ
    (横に大きく広がらないもの)
  • タイトスカート
  • マーメイドスカート
  • ひざ上丈のスカート
  • マキシ丈のスカート
  • トレンチコート

苦手な服の形

逆に骨格ストレートさんが避けた方がいい
(着太りしやすい)アイテム
が以下のもの。

  • 体のラインが出るピッタリした服
  • タートルネック
  • オフタートル
  • オフショルダー
  • ドロップショルダー
  • ローゲージニット
    (編み目が大きいニット)
  • フレンチスリーブ
  • 7分袖
  • ボートネック
  • パワーショルダー
  • パフスリーブ
    (袖の短いもの)
  • ドルマンスリーブ
  • 太もも丈のスカート
  • ミモレ丈のスカート
  • フレアスカート
    (柔らかい素材で広がるもの)
  • プリーツスカート
  • キュロット
  • ガウチョパンツ
  • ティアードスカート
  • ショートパンツ
  • クロップドパンツ
  • スキニーデニム
  • 襟の無いショート丈のアウター
  • ファーコート
  • ニットコート
  • モッズコート
  • ムートンコート
  • ボリュームのあるダウンコート

似合う素材

骨格ストレートさんに似合う素材は以下の
ものになります。洋服やバッグ、小物など
を選ぶときの参考にしてみて下さい。

  • コットン(綿)きめが細かいもの
  • ウール(羊毛)編み目の細かいもの
  • サテン 光沢や厚みのあるもの
  • シルク 光沢とハリのあるもの
  • デニム ダメージ加工の無いもの
  • 革 ツヤは控えめでハリのあるもの
  • コーデュロイ 凹凸が細かいもの
  • レース 模様が細かくないもの
  • カシミヤ きめの細かいもの
  • アンゴラ 毛足の短いもの

似合わない素材

逆に、骨格ストレートさんが避けた方がいい
素材
は以下のものです。

  • 麻(リネン、ラミーなど)
  • モヘア
  • ベロア
  • シフォン
  • ツイード
  • エナメル
  • キルティング
  • ハラコ

似合う柄

骨格ストレートさんに似合う柄は以下の
ものになります。
基本的に、大きめで直線的な柄が似合い
やすいです。

ただし、顔タイプと骨格タイプで似合う
柄が異なる場合は、顔タイプの結果
優先した方が似合うこともあります。

  • ストライプ柄
  • 大きいドット柄
  • 大きめの花柄
    (コントラストが強いもの)
  • ボタニカル柄
    (大きめの柄ではっきりした物)
  • チェック柄
    (アーガイル・バーバリーなど)
  • ボーダー柄
    (太い線ではっきりした色合い)
  • モノグラム
    (シンプルで高級感のあるもの)
  • ウィンドウペン
    (細かくなりすぎないもの)

似合わない柄

骨格ストレートさんが着ると似合わない柄
は以下のものです。
丸くて小さい柄や、カジュアルすぎる柄
似合いにくいと言われています。

  • 小花柄
  • 小さいドット柄
  • ペイズリー柄
  • レオパード柄(ヒョウ柄)
  • ダルメシアン柄
  • 迷彩柄
  • キャラクター柄

着やせ&スタイルアップのポイント

骨格ストレートさんがコーデを考えるときに
一番気をつけるべきことは、全体を
Iラインの形にすることです。

例えば、パフスリーブフレアスカート
のような横に広がるアイテムは、元々
立体的な体をさらに大きく見せます。

上半身や下半身の装飾はなるべく少なく
シンプルにしてすっきり見せる
ことも
重要なポイント。

とくに腰回りにボリュームが出るアイテム
は着太りの原因になります。

ボトムスを選ぶときはなるべく、

  • ウエストがゴムでない物
  • タック(折り返し)が入っていない物

を選ぶと良いです。

もしも、タックが入っている物を選ぶ場合
は、アウトタックではなくインタック
選んだ方がスッキリと見えます。

「イン」か?「アウト」か?今度はタックのお話。 | 静岡県 骨格診断、パーソナルカラー、キレイデザイン診断ベース!好きを魅力に、ほめられ上手。「ほめられクリエイターkoyo」のブログ (ameblo.jp)

またくびれのないIラインのワンピース
を着る場合は、ベルトなどでウエスト
マークする方が着やせして見えます。

ウエストマークする場合は、
ハイウエストではなくジャストウエスト
で締める
とバランスが良くなります。

スカートやパンツを履くときに
トップスをインする場合も、
ジャストウエストにすると
スタイルアップします。

ぜひ試してみてください。(^_^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました